MENU

むくみ解消には漢方?サプリメント?

むくみ解消には漢方が良い!
むくみはサプリメントで解消!

 

毎日悩まされるむくみだからこそ様々な解消方法が紹介されるむくみにはどんな解消方法が最適なのでしょう?

 

また、むくみを解消する漢方やサプリは通販で販売されていることが多く、手軽にドラッグストアで購入するならどんなものが良いのでしょう?

 

そんなむくみ解消のために漢方やサプリの使用を考えているあなたのために、

 

・ドラッグストアに売ってる漢方やサプリについて
・漢方とサプリではどちらがむくみにおすすめなのか

 

をここでは紹介していきます。

 

漢方でむくみを解消した体験談と、サプリでむくみを解消した体験談。

 

あなたの気になるそれぞれのむくみ解消体験についても紹介していますので、むくみ解消アイテムの購入の参考にしてみてください。

 

むくみを解消するならサプリと漢方。どっちがおすすめ?

漢方とサプリメント。

 

どちらもむくみの解消には効果的なアイテムです。

 

むくみを解消するためには体に溜まった水分の排出が欠かせません。
また、体に余分な水分がたまらないようにすることも大切です。

 

むくみに効果的な漢方とサプリには、どちらも水分の排出を促す効果と、水分が溜まりにくくなる効果が期待できます。

 

では、漢方とサプリにはどんな違いがあるのでしょう?

 

ポイントは価格と効果の現れ方です。

 

それでは漢方とサプリの違いについてみていきましょう。

 

漢方を使ったむくみ解消のメリット・デメリット

漢方薬を利用したむくみの解消を目指しているあなたは、あなたのむくみがどうして発生しているのかを把握しないといけません。

 

なぜなら、漢方薬は第2類医薬品に指定されている【薬】なので、

 

原因のわかっている症状に対して効果を発揮する。

 

という特徴があるからです。

 

 

漢方には、私たちが余り耳にしない考え方が存在します。

 

それは、健康な状態は「気・血・水」という3つのバロメーターすべて満たされていること。というもの。

 

漢方薬を利用したむくみの解消はあなたの体の「気・血・水」のうち、どのバロメーターに問題がでているのかをはっきりさせないと漢方薬の効果は期待できないのです。

 

むくみの原因を紐解いていくと、むくむの原因には「血液」「リンパ液」のどちらか、もしくは両方に問題があることが多く見られます。

 

そのため、「血液」に問題があるのに「水」の部分に効果のある漢方を飲んでも効果が得られませんし、「リンパ液」に問題があるのに「血」に効果のある漢方を飲んでも効果が得られません。

 

両方に効く漢方薬を選べば間違いなくむくみに効果はあるでしょうが、副作用が少ないとはいえ、漢方薬は薬です。

 

両方に効果のある漢方薬を飲むのはあまりおすすめできません。

 

漢方薬を飲む場合には、漢方薬の専門医に相談するのがおすすめです。

漢方薬のメリット

  • 西洋薬より高い効果はないが、効果が確実に現れる
  • ドラッグストアで購入ができる
  • 医薬品として認められている
  • 効果が現れるのが遅い

漢方薬のデメリット

  • 価格が高い(1ヶ月約5000円前後)
  • 飲む漢方を間違えると効果がない
  • 味が独特で飲み辛い
  • 原因が合っていても体に合っていないと効果がない

 

漢方薬は正しい処方を受けて正しく服用すれば効果の高い薬です。
しかし、ドラッグストアでの購入では自分で判断するか、症状判断のエキスパートではない薬剤師さんにしか相談ができません。

 

ドラッグストアで気軽に購入できる漢方薬ですが、むくみに効果がなかったという方も多いのも事実です。

 

むくみサプリを使ったむくみ解消のメリット・デメリット

漢方薬に対してむくみサプリはサプリメントなので、健康食品の1種として扱われています。

 

そのため、漢方薬のように原因の特定や体質に合うサプリの特定などは必要ありません。

 

むくみサプリは

 

誰でも、どんなむくみの症状でも効果を発揮する。

 

という特徴をもっています。

 

しかし、むくみサプリに含まれる成分も統一されているわけではないので、効果の現れ方に個人差があります。

 

とはいえ漢方薬と比べるとむくみサプリの方が即効性があり、さらには飲み続けることで効果の実感が大きくなるという特徴があります。

 

医者に受診するわけではなく、むくみをなんとかしたい!というあなたには漢方薬よりもサプリメントの方がおすすめです。

 

 

むくみサプリが漢方よりおすすめな理由には、即効性や体質に合わせる必要がないという理由のほかに

・価格が安い
・生活習慣病の予防にも役立つ
・ダイエットにも効果的
・便通改善
・冷えの改善

など様々な理由があります。

 

 

続けやすい価格や、確かな効果の実感があるからこそたくさんの方がリピートして利用しているのがむくみサプリなんですね。

むくみサプリのメリット

  • 価格が安く続けやすい(1ヶ月約3000円)
  • 即効性があり、飲み続けることで効果の実感度が上がる
  • むくみ以外にも健康効果が期待できる
  • 体質に関係なく効果を実感できる
  • むくみの原因を特定する必要がない
  • 飲みやすい

むくみサプリのデメリット

  • 薬ではなく健康食品のため、効果の根拠に乏しい
  • ドラッグストアで購入できる種類が少ない

 

漢方薬の専門医が最寄の医院にいる場合には漢方薬を利用したほうがむくみの解消には効果があると言えるでしょう。

 

しかし、医者にかかる時間や専門医を尋ねる時間。
専門医が近くにいない方にとっては、漢方薬を選んでむくみを解消する方法を選ぶメリットは少ないように感じます。

 

それなら人を選ばずむくみ解消効果が得られ、万が一効果が得られなかったときに損をし辛いむくみサプリを使用したほうがメリットがあると思いませんか?

 

当サイトではこういった理由から即効性のあるむくみサプリをおすすめしています。

 

人気のむくみサプリはどれ?漢方よりおすすめしたいむくみサプリ4選!

 

 

するるのおめぐ実の特徴

無添加の自然由来成分でできたむくみサプリ。
カリウムをメインとして副作用の認められていない即効性のあるむくみサプリです。

体のめぐりを改善し、公式HPには載っていませんがむくみ以外にも便秘解消・冷え改善・セルライト減少などの効果を実感できたサプリです。

価格 定期初回980円
評価 評価5
備考 定期購入に回数縛りはありません。
2回目以降は2754円で購入可能です。
するるのおめぐ実の総評

むくみサプリ選びに迷ったらするるのおめぐ実を選べば間違いありません。
最初は1日2粒から。
もし効果が実感できなければ飲み始めの時期に少し大目の量を飲んで、徐々に減らしていくのがおすすめです。

 

むくらっくの特徴

からだのめぐりに着目したむくみサプリのむくらっく。
女性のむくみに着目したむくみサプリは、女性の元気とキレイをバッチリサポート。
むくみだけでなく美容のことも考えられたむくみサプリです。

価格 定期初回980円
評価 評価4.5
備考 定期2回目以降2680円
むくらっくの総評

むくらっくは食生活が乱れがちな女性におすすめのむくみサプリ。
不足しがちなビタミンB群がギュッと濃縮されており、美肌効果も期待で着ちゃいます。
冷えに着目した発酵しょうが麹が特徴的なむくみサプリです。

 

するっと小町の特徴

むくみに効果的な成分をギュッと詰め込んだむくみサプリのするっと小町。
カリウムに加え、むくみに効果的だといわれるミネラルの1つマグネシウムを配合してからだに余分なものを溜め込ませない工夫がしてあります。

価格 定期初回540円
評価 評価4.5
備考 定期2回目以降3510円
※定期購入は初回を除いた2回の受け取りが必須。
するっと小町の総評

むくみ解消効果で言えばするるのおめぐ実と遜色ないするっと小町。
定期購入の際に回数縛りがあるので注意が必要です。
継続して購入すると決めた方にはおすすめのサプリとなっています。

 

きゅきゅっと小町の特徴

むくみに効果的なカリウムとメリロートの2つの成分が含まれているきゅきゅっと小町。
むくみ解消効果だけを見たらずば抜けて高い効果が得られると言えるでしょう。
むくみサプリとして長期にわたり高い人気を得ているむくみサプリです。

価格 定期初回980円
評価 評価5
備考 定期2回目以降4980円
※定期縛り2回
きゅきゅっと小町の総評

きゅきゅっと小町はむくみ解消サプリとして高い人気を得ているサプリです。
ネックなのは価格が他のサプリと比べて高いこと。
そして定期縛りがあることです。
単純にむくみを解消したいなら選びたいサプリですが、副作用の心配があるメリロートを配合しているので管理人的にはあまりおすすめできません。

 

どんなむくみサプリを選んだらいいの?

むくみサプリの選び方は、むくみサプリを選ぶあなたの基準によって異なります。

 

例えば、
何が何でもむくみをなくしたい!
というあなたには少しキツメの成分が配合されているむくみサプリ。

 

即効性が合ったほうが良いけど、長期にわたって飲み続けれるサプリが良い!
というあなたには無添加の副作用成分が含まれていないむくみサプリ。

 

というようにおすすめしたいサプリが変わります。

 

ただ、むくみサプリについて紹介をしている管理人がむくみサプリを選ぶときに気にするのは

  • 続けやすい価格かどうか
  • 即効性はあるのかどうか
  • 副作用の心配があるかどうか
  • いつでも定期購入の休止・解約ができるかどうか

の4点です。

 

管理人の私の考えでは、即効性のあるサプリと言っても健康食品なので場合によっては効果が得られるのが遅いこともあると思っています。
なので、まず見るのは定期購入初回がいくらかどうか。
次に定期購入に回数縛りがあるかどうかです。

 

1000円くらいで購入できて、いつでも解約ができるなら失敗してもそんなに痛くありません。
死にたくなるくらい後悔するのは、定期縛りに気付かずあまり効果の実感できないサプリを買い続けることになったとき。

 

どの商品とは言いませんが、私は1回コレで失敗をして1万円近く損をしたことがあります。
※意地になって全部飲みましたが余り効果は実感できませんでした。

 

 

なので、私が見るのはまず価格ですね。

 

次にむくみサプリに含まれる成分。
むくみサプリはどれもむくみ解消に効く成分が入っていますので、基本的には効果的な成分とかはあまり見ません。

 

わたしが注目するのは副作用の危険性がある成分が入っていないかどうか。

 

副作用の可能性があるメリロートは確かにむくみには効果的だと思います。
ただ、副作用があると知ってから飲んだらちょっとだけ体調が悪くなったように感じました。。。
(プラシーボ効果?)

 

気のせいだとしても、一度そう感じてしまったらなかなか払拭することができず、それ以降私はメリロートの入ったむくみサプリを飲むのは止めました。

 

むくみの解消効果としては確かなものがあるので一応ランキングには載せていますが、私的にはあまりおすすめできません。

 

という感じで

  1. 価格
  2. 休止・解約
  3. 副作用成分
  4. 即効性

が管理人である私のむくみサプリの選び方です。

 

ちなみにですが、私は今1位に載せてあるすすのおめぐ実を愛用しています。

 

飲み方を工夫すればむくみ解消効果をある程度コントロールできるし、私のむくみサプリ購入条件も満たしているのでもう手放せません。

 

漢方でむくみを解消した体験談

足のむくみがずっと気になっていて、いつも良い解消方法はないかと情報を探していました。冷え性や結構不良も原因であるという知識があったので、半身浴をしたり、冷え防止靴下を履いたりしていましたが、あまり効果はありませんでした。

 

そんな時、むくみ解消にメリロートというサプリメントが良いということを知り、さっそく購入して試してみることにしました。近所のドラッグストアですぐに見つかり、値段も安価なものでした。その日から飲み始めましたが、しばらくはまったく何の変化も見られませんでした。しかし、1週間ぐらいたったある日、変化に気づきました。

 

デスクワークをしているためか、仕事が終わる頃には毎日足がむくんでパンパンになり、靴が窮屈に感じられていましたが、その足のむくみが改善されていました。その後も飲み続けると、足だけではなく、二の腕にも変化が少しづつ現れました。もともと二の腕がぷよぷよしている体型だったので、この効果はとても嬉しかったです。しかし・・・
ネットで調べてみると、メリロートは効果が強すぎて日本人には合わないって意見もあるんですよね。おそらく摂り過ぎるとまずいんだと思います。
メリロートにはむくみの改善の他に、体の水はけを良くする効果もあるので、水ぶとりタイプの人にはとても効果があると思いますが、その分成分としては強いんでしょうね。

薬局で売っているむくみに効く漢方を探してみた

ということで、強すぎる成分はちょっと怖いなと思ったので、漢方を探してみることにしました。
漢方と言えば、ツムラ。ツムラだったらスギ薬局にも売っているし、むくみに効く漢方もあるんじゃないかということで探してみました。

 

まず、ツムラの漢方製剤なんですが、医療用と一般用で別れるようで、医療用の方は病院で処方されるようなのでおそらく売ってないでしょう。
ということで、一般用の漢方で探してみることにしました。

 

ツムラのHPを見てみると、なんと部位や症状別で漢方が探せる!
http://www.tsumura.co.jp/products/ippan/symptom.html
ここの「全身」と「足」の部分を調べると、ありましたありました!むくみ用の漢方が。

 

出てきたのは、
・ツムラ漢方五苓散料(ゴレイサンリョウ)
・防已黄耆湯(ボウイオウギトウ)
・防風通聖散(ボウフウツウショウサン)
なんかパッケージデザインが違うやつがあったのでそれは省略。
足と全身で調べてみたら、両方同じ漢方がでてきたw
これらは第二類医薬品なので、間違いなくむくみに効果があるはず。

むくみ解消に漢方を試してみた

私のむくみは、脚、特にふくらはぎがひどく、夕方になるとパンパンになるのがわかるほどでした。帰宅した時には、疲れからか痛みを感じるほどになってしまい、少でも改善するための手段を考えることにしました。原因として考えられるのは、長時間の立ち仕事をしていたことや運動不足、冷え性などで、老廃物や水分が下半身に溜まり血流が悪かったのではと思います。

 

運動が苦手で身体を動かすことが嫌い。また、職場での仕事環境や生活のリズムを変えることは難しかったため、解消法として自宅でできることを実践しました。

 

まず、簡単に取り組めて効果があったのが、マッサージでした。すべりがよいようにアロマオイルを塗りながら、足裏から甲、足首、ふくらはぎ、太ももと上半身へ向けてリンパを流すことを意識して、毎日7、8分のマッサージを続けました。自分が好きないい香りに包まれながらマッサージをするとリラックス効果もあり、さらに足の乾燥も改善されました。

 

次に心掛けたのが、食生活の見直しです。色々と調べてみると、塩分の摂り過ぎもむくみの一因とか。私は塩分に関しては摂り過ぎていてる自覚はなかったのですが、利尿作用のあるカリウムや代謝を促進させるというクエン酸、血流を改善するというビタミンE等を多く含む食材を積極的に摂るようにしました。

 

そして特に効果があったのが、漢方です。薬を飲むことには抵抗があったので、体にやさしいロートの「防已黄耆湯」(ぼういおうぎとう)を飲みました。水分の代謝をサポートしてくれる漢方で、飲み始めるとトイレが近くなり、余分な水分が排出される感じがありました。

 

これら3つの方法で、かなりむくみが改善されました。